大晦日

間もなく新年を迎える西海岸です。

2016年は、、世界中で現在進行形で起きるテロや戦争のニュースばかりだったな、と感じます。だからって「争いが少しでも減って平和が訪れますように」などという生ぬるい言葉をここにカンタンに書き込むことは、なんか違うんじゃないかと思い、ずっと避けている。

戦火の中、日常など程遠く、病気になっても薬すらなくどんどん悪化し痛みと苦しさの中で死んでゆく少女のドキュメンタリーを見た時は、もう言葉がなかった。

世界中の、その戦火から今は遠い所で暮らす人は何をすればいいんだろう。忘れられることが一番怖いと、国を追われた人が言っていた。ならば忘れてないということを、どうしたら伝えられるんだろう。

そんなことを、なかなか治らない風邪、咳をゴホゴホやりながら書いてる自分は、まず自分がしっかりすることが大事なんだろうな、、と。何をするにしても、誰か、ではなく、自分が精神的にしゃんとしてて初めて、周りのことを理解できるんだろうって思う今年の暮れ。

とにかく体調をよく崩した今年。自分の面倒見られない人が、世界がどーのこーの言ってんじゃないと、と自身に伝えてみる。。自分同様、家族の幸せを守ること。結局は、、自分と自分の周りを大切にすることから始めるしか、その先はないんだろうね。皆がそうであればきっと争いが減るはずなのになどという傲慢な考えは戒めて、あと3分ほどで明ける新年に希望を見出したいと思います。